【記事】2NE1 カムバック!3つの大胆な実験は“受け入れられるか?”

5日深夜0時に公開されたガールズグループ2NE1の新曲「I LOVE U」が、各種音楽配信サイトのリアルタイムランキングで1位を獲得する快挙を達成した。これまで独立したパワフルな女性のイメージを描いてきた2NE1は、今回の新曲で三つの大胆な試みを行い、その成否に注目が集まっている。

1.カリスマはそのまま、女性美はアップ

2NE1は「I LOVE U」で愛を熱望する女性の気持ちを表現するためにセクシーなコンセプトを選んだ。これまで2NE1は、セクシーなイメージよりは、強烈なカリスマとパフォーマンスで独自の領域を築いてきただけに、異例の変身となった。

カムバックに先立って公開されたイメージ写真で、BOMは華やかなメイクで愛に全てを捧げる女性の気持ちを描いた。また、CLやDARAも派手ながらも女性らしさをアップさせたスタイルで目を引いた。グループ唯一の未成年であるMINZYは、露出の少ない衣装にも関わらず、成熟したイメージをアピールした。

2NE1の所属事務所は「女性美を強調したコンセプトは、従来の2NE1のイメージが固定化することを防ぐために実験が必要な時だと判断したためだ」と明かした。

2.トロット(韓国演歌)とエレクトロニック、衝撃の結合

「I LOVE U」は、愛を熱望する女性の気持ちという常套的に聞こえる題材をトロットとエレクトロニックのユニークな結合で新しく作り上げた。

私たちの情緒に馴染みの深いトロットのリズムと、トレンディーで洗練されたエレクトロニックが調和を成し、2NE1のチャレンジ精神は輝いた。馴染みの薄いエレクトロニックサウンドを演歌で補完し、新鮮なジャンルを作り上げたのだ。

「I LOVE U」は、YGを代表するプロデューサーのTEDDY(テディ)が担当した楽曲だ。「あなたは私にだけ、優しくして。いつも私にだけ笑って。執着させないで」など、正直な歌詞が特徴的だ。

 

3.バラエティー番組での宣伝はせず音楽で勝負

最近2NE1は、SBS「日曜日は楽しい-ランニングマン」への出演を最終的に断った。「I LOVE U」で活動する間は、バラエティー番組に出演しないという立場を明かしたのだ。

新曲を発表する歌手は、アルバムの宣伝のためにバラエティー番組によく出演する。だが2NE1は、非常に内向的な性格のメンバーたちを考慮し、バラエティー番組の代わりに音楽で勝負する方針だ。

2NE1のメンバーDARAは「番組で見られるイメージとは違って、普段は非常に内向的で口数も少ない方だ。だから、トーク番組の場合、とても多くの努力が必要だ」と吐露した。

YGエンターテインメントは「I LOVE U」を始め、3週後には二番目のシングルを発表する予定だ。アルバムを一曲ずつ紹介し、全ての曲に集中できるようにプロモーションする」と説明した。

一方、2NE1はカムバックとともに28日、29日にソウル、芳夷洞(バンイドン)体操競技場で開催するグローバルツアー「NEW EVOLUTION」のソウル公演を皮切りに、7ヶ国10都市で公演を行う予定だ。

Credit :Kstyle

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中