【記事】マイケル・ジャクソンと踊ったトラヴィス”2NE1は、アメリカでも通じる。”

世界的振付け師兼公演演出家トラヴィス・ペイン(Travis Payne)が韓国ガールズグループ2NE1の世界進出の成功に対し肯定的返事を出した。
トラヴィス・ペインはポップの皇帝故マイケル・ジャクソンの公演はもちろんレディー・ガガ、ジェニファーロペス、アッシャー、マドンナなどと共同作業した有名振付け師兼公演演出家だ。 振付け師としてずば抜けた能力を認められてMTVビデオ ミュージック アワードで現在まで通算4回も受賞している。

と言っても、簡単に近付くことのない韓国ファンたちがいるかもしれないが、あまりにも有名なマイケル·ジャクソンの1995年MTVビデオミュージックアワード、当時の特別公演を見ると、トラヴィス·ペインが誰なのか簡単に知ることができる。マイケル·ジャクソンの最高のステージの中のひとつに数えられるこの公演でトラヴィス·ペインは、マイケル·ジャクソンのすぐ右側でダンスの実力を誇示している。マイケル·ジャクソンの彼のダンスに対する信頼を垣間見ることができるところでは、この舞台の誕生にもトラヴィス·ペインは、深く関与している。

トラヴィス・ペインは今回2NE1が行なうソウル公演の共同演出および振りつけを引き受けた。 トラヴィス・ペインが演出した今回の公演のコンセプトは今年2NE1が行なうワールド ツアーでもそのまま使われる。

最近ソウル、江西区(カンソグ)、禾谷洞(ファゴクトン)KBSスポーツワールドで会ったトラヴィス・ペインは2NE1に対する期待感を隠さなかった。
トラヴィス・ペインは”共同作業をしてみると2NE1は本当に驚くべきガールズグループ”だと言いながら微笑を浮かべた。

彼は”2NE1がアジアで有名なガールズグループというのはすでに知っていたし、特に彼女たちのステージ映像を見た後快く公演演出提案を承諾した”と明らかにした。

トラヴィス・ペインは”2NE1メンバーは非常にスマートでプリティーだ”として”共に呼吸を合わせてみると、思ったより才能がはるかにあるんだということを知るようになったしスタッフにも非常に親切な点にまた、感動受けた”と伝えた。

彼は2NE1のアメリカなどの西欧圏での成功の可能性に高い点数を与えた。もちろん具体的な理由も聞いた。

トラヴィス·ペインは、 “2NE1の音楽は、アメリカでも通用することができますが、ここでは、プロデューサーのテディが大きな役割を果たしている”とし “アジアのガールズグループでは珍しく舞台の上での自信に満ち溢れている、この点が米国と欧州などの進出に大きく役に立つだろう “と述べた。

彼は “ダンスの実力もずば抜けている”とし、 “スタイル上、西欧の男性ファンも好んで女性ファンは真似てみたい魅力を持っている”と説明した。

トラヴィス·ペインは、最後に “2NE1の公演を見ることを考えるとすでに興奮している”と述べ、 “今後2NE1がより一層素敵なアーティストに成長する姿を見守ることができるという事実が楽しくて彼女達と一緒に仕事をするようになれて私はもっと光栄だ”と言いながら付け加えた。

一方、2NE1のワールドツアーの開始を発表した今回のソウル公演は、トラヴィス·ペインほかのスーパーボールのイベントからオリンピック公演まで参加していたプロダクションデザイナーマイケル・コットン、ビヨンセバンドの音楽監督兼ベーシストだったディビニティー·ロックス、女性世界的振付師ステイス・ウォーカーも共にする。


Source : NAVER
Translated by : BMAIB from BOMSH

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中