【記事】2NE1、格が違うコンサート…成功の秘訣は?

20120801-125539.jpg

ついに韓国でもビヨンセやレディー・ガガに匹敵する世界レベルのコンサートが開催された。ワールドツアーのスタートを切った2NE1のコンサート成功の秘訣は何だろうか。

2NE1は、7月28日と29日の2日間、ソウル芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園体操競技場でワールドツアー「NEW EVOLUTION」を開催した。メンバーたちは、2日間で2万人余りのファンを動員し、熱狂的な公演を披露した。

今回2NE1のコンサートが“世界レベル”と呼ばれるには理由があった。本格的なサウンドが一役買ったのだ。今回のワールドツアーには、ビヨンセの公演の音楽監督でありベーシストとして活躍しているディビニティ・ロックス(Divinity Roxx)の参加したセッションがバンドを組み、全曲を演奏したためだ。

大規模な公演場にはこのバンドの演奏響き渡り、バンドの演奏に合わせた2NE1のライブ・ステージは、一度のミスもなく完璧に行われた。機械音混じりの音楽に、ハンサムで綺麗な美貌をアピールするだけの一部アイドルの公演とは格が違っていた。観客は、曲が始まる度に公演場に響き渡る壮大かつ重厚なバンドの演奏に興奮を隠しきれず、総立ちで公演を楽しんだ。

公演が終わった後、YGエンターテインメントの代表ヤン・ヒョンソクは「初めてワールドツアーを行う2NE1のため、ビヨンセの公演を担当したバンドのリーダーディビニティ・ロックスを投入した。バンドが全曲の演奏に加わったら、サウンド自体が違っていた」と述べた。

続いて、「このバンドは、2NE1の21曲余りの奏法をすべて暗譜し、公演場では譜面なしに演奏する。歌詞は分からなくとも、曲をすべて理解してステージに上がるのだ。これが本当のプロの姿ではないだろうか」と伝えた。

また、今回の2NE1コンサートは、マイケル・ジャクソン、ビヨンセ、ジャネット・ジャクソン、レディー・ガガ、ジェニファー・ロペスなど、数多くのワールドスターのコンサートを担当した専門家を動員し、優れた映像美やステージ構成を披露し、さらに注目を集めた。

ソウル公演を終えた2NE1は、8月17日、アメリカ・ニュージャージー・プルデンシャルセンターを皮切りに、本格的な海外コンサートを行う予定である。メンバーたちは、LAノキアシアターを経て、日本・大阪の大阪城ホール、名古屋の日本ガイシホール、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナなど、7ヶ国10都市で「NEW EVOLUTION」公演を続けていく予定だ。

Source : Kstyle

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中