【インタビュー】Vol.2 – YG代表ヤン・ヒョンソク「BIGBANGのG-DRAGON、来年の春に新アルバムをリリースする予定」

―大衆とマニアを両方とも掴むためには、アーティストが出す結果に関して細かい部分までコントロールできなければならないのではないのか。そうすることで彼らも頷くと思うが。
僕はこれまで長い間、ダンスを踊ってきたので、振り付けに関して指示してもいい立場だと思う。作曲はソテジワアイドゥルが引退してから6ヶ月間、和声学とMIDIを学び、その結果として作曲した曲がJinuseanの「Gasoline」だった。でも、作曲に才能がないことに気づいたので、諦めた。それでも、アーティストと話ができるぐらいは知っていると思う。そして、ステージに立ったことがあるので歌手たちをコーチすることもできる。よく分からない人が歌手たちにああしろこうしろと言っても、歌手たちはその人を無視するかもしれない。他のことはたくさん人に譲ったが、それでも、アーティストとのコミュニケーションとサウンドは、私が絶対に譲ることができない部分である。それから、練習生たちに関することは僕が100%関与する。一番好きなことであり、他の人よりうまくできることでもあるので。

―サウンドに直接関わると聞いた。最近のPSYの「江南スタイル」まで、YGのすべてのアルバムはあなたがミキシングエンジニアの役割と果たしたと聞いたが。
この前にもEpik Highのアルバムをマスタリングし、3回修正してようやく進めることができた(笑) 会社でやる僕の最も重要な仕事がいいサウンドを判断して作り出すことである。そのため、少しでも気に入らなかったら、最初からやり直す。

続きを読む

広告

【記事】YGエンターテインメント年中無休で歌謡界を掌握“私たちが一番イケてる”

 

2012年の韓国の歌謡界をYGエンターテインメント(以下、YG)が年中無休で掌握する勢いだ。PSY(サイ)の「江南(カンナム)スタイル」が突風を巻き起こし、世界のポップ市場を牛耳っている。

続きを読む

【記事】YGヤン・ヒョンソク代表「MVは重要なコンテンツ」

「もはや海外進出のために、こちらからドアを叩く必要はありません。ノックの音が聞こえたらドアを開ければよい時代が来たと思います」――。

韓国の大手芸能事務所、YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク(梁鉉錫)代表は、所属歌手のPSY(サイ)の新曲「江南スタイル」が、一度もプロモーションを行わずにミュージックビデオだけで海外でも反応を得ているのを目の当たりにし、さまざまな思いがあるようだ。

続きを読む

【記事】YG所属歌手の新曲がいずれも1位になる“偉大なブランドパワー”


YGエンターテインメントが、今年の音楽ランキングで、尋常ではないブランドパワーを誇っている。

YGは2月1日、SE7ENのバラード曲「When I Can’t Sing」を皮切りに、BIGBANG、2NE1、PSYの新曲で、今年に入って既に音楽ランキングで6回もトップをとった。 続きを読む

【記事】2NE1、PSY、2NE1、サンドイッチ式カムバック…7月音楽チャート制覇を狙う

20120711-205546.jpg

YGエンターテインメントが2NE1とPSY(サイ)を相次いでカムバックさせ、7月の音楽チャート制覇を狙う。 続きを読む