【インタビュー】Vol.2 – YG代表ヤン・ヒョンソク「BIGBANGのG-DRAGON、来年の春に新アルバムをリリースする予定」

―大衆とマニアを両方とも掴むためには、アーティストが出す結果に関して細かい部分までコントロールできなければならないのではないのか。そうすることで彼らも頷くと思うが。
僕はこれまで長い間、ダンスを踊ってきたので、振り付けに関して指示してもいい立場だと思う。作曲はソテジワアイドゥルが引退してから6ヶ月間、和声学とMIDIを学び、その結果として作曲した曲がJinuseanの「Gasoline」だった。でも、作曲に才能がないことに気づいたので、諦めた。それでも、アーティストと話ができるぐらいは知っていると思う。そして、ステージに立ったことがあるので歌手たちをコーチすることもできる。よく分からない人が歌手たちにああしろこうしろと言っても、歌手たちはその人を無視するかもしれない。他のことはたくさん人に譲ったが、それでも、アーティストとのコミュニケーションとサウンドは、私が絶対に譲ることができない部分である。それから、練習生たちに関することは僕が100%関与する。一番好きなことであり、他の人よりうまくできることでもあるので。

―サウンドに直接関わると聞いた。最近のPSYの「江南スタイル」まで、YGのすべてのアルバムはあなたがミキシングエンジニアの役割と果たしたと聞いたが。
この前にもEpik Highのアルバムをマスタリングし、3回修正してようやく進めることができた(笑) 会社でやる僕の最も重要な仕事がいいサウンドを判断して作り出すことである。そのため、少しでも気に入らなかったら、最初からやり直す。

続きを読む

広告

【インタビュー】Vol.1 – YG代表ヤン・ヒョンソク「大衆とマニア、両方とも捉えたい 」

PSYはビルボードシングルチャートで依然として2位を維持しており、BIGBANGのG-DRAGONは韓国大衆音楽界のトレンドの最前線に立っている。21日はEpik HighがSBS「人気歌謡」でカムバックした。ここ数ヶ月間、YGエンターテインメント(以下YG)は韓国大衆音楽界の話題の中心となった。その間、YGの株価の総額は、一時1兆ウォン(約723億円)近くに昇り、10月22日現在でも7800億ウォン(約564億円)以上である。しかしYGの経営者ヤン・ヒョンソクは依然として所属歌手のアルバムに入るサウンドをミキシングするために徹夜をしている。彼はYGの経営者である以前にアーティストたちと共にコミュニケーションするプロデューサーであることを望んでおり、会社のあらゆることを諦めてもミキシングエンジニアとしてサウンドを作ることだけは手放せないと話した。会社のあらゆることは結局良い結果のためであり、その結果は“良し悪しを判断”する“絶対的な基準”によるものだという彼の姿は、コスダック18位の企業家より頑固な職人に近かった。基準は明確だが、頑固な人にならないために努力している制作者。または、自分がやりたいことで最終的に大衆を納得させるというアーティストの心を持つ事業家。ヤン・ヒョンソクが自分の基準と哲学に対して話した。

-PSYの「江南スタイル」が世界的に成功した。色んなことを考えていると思う。
世界で最高になりたいと常に夢見てきた。夢は大きく持たなければならないから。PSYのように誰かがまた成功するかどうかは誰も知らない。ただ、誰かが次に西欧の音楽市場で成功を収めるとしたら、YGの誰かになる可能性が高いのではないかと期待している。PSYのファンたちの中にYG所属事務所に所属しているミュージシャンに関心を持ってくれる人が10分の1はいるのではないかと思っている。それに、BIGBANGは今回のワールドツアーで70万人の観客を動員した。アメリカとヨーロッパではまだ認知度が低いけど、アジアではすでに十分な力を持っている。BIGBANGと2NE1の両方が、今回初めてワールドツアーを行ったけど、今回のことを経験として、次の舞台ではより進化した姿を披露することができると思う。

続きを読む

【記事】”Epik High” 21日”人気歌謡”カムバック…タイトル曲パク·ボム一緒に出演!?


3人の男性HIPHOPグループ”Epik High”が新しいアルバムを発表後、初の歌番組カムバック日が確定した。ここにパク·ボムの共演の可能性がますます高まっている。

続きを読む

【記事】YGエンターテインメント年中無休で歌謡界を掌握“私たちが一番イケてる”

 

2012年の韓国の歌謡界をYGエンターテインメント(以下、YG)が年中無休で掌握する勢いだ。PSY(サイ)の「江南(カンナム)スタイル」が突風を巻き起こし、世界のポップ市場を牛耳っている。

続きを読む