【記事】2NE1、アメリカで成功しそうなガールズグループ1位

ガールズグループ2NE1が「アメリカ市場で成功しそうなガールズグループ」1位に選ばれた。

あるインターネット教育グループが7月27日から8月9日まで378人を対象に「アメリカ市場で成功しそうなガールズグループ」を聞くアンケートを実施した結果、2NE1(184人、49%)が圧倒的な支持率を得て、1位に選ばれた。

続いてWonder Girlsが(50人、13%)で2位にランクインした。 続きを読む

【記事】2NE1の1位が続く中、ガールズグループ三国志にWonder Girls合流!

人気ガールズグループ2NE1が、新曲発表6日目の10日の午前、音楽配信ランキングで1位を守っている。 続きを読む

【記事】SM vs YG vs JYP、7月にビックマッチ!SUPER JUNIOR、2NE1、2PM ウヨンの対決

20120703-125846.jpg

韓国の音楽業界で“ビッグ3”と呼ばれる3大事務所SM、YG、JYPが、7月初旬に類を見ない“ビックマッチ”を行う。

SMからは1日にSUPER JUNIORが活動を再開し、YGからは5日に2NE1が、JYPからは8日に2PM ウヨンのソロデビューが行われる。まさに3大事務所の代表としてのプライドをかけたビックマッチである。

1日に先行公開されたSUPER JUNIORの6thアルバム「Sexy, Free&Single」は、昨年SUPER JUNIORが樹立したアルバムの売上やMV(ミュージックビデオ)の再生回数などの記録を再び破ることができるのか、期待が集まっている。5thアルバムはなんと50万枚を売り上げ、タイトル曲「Mr.Simple」のMV再生回数は4800万回を突破した。“韓流帝王”というタイトルにふさわしい成績を収めた彼らは、今回のアルバムからカンインが復帰し、“美しい男”をコンセプトにした予告写真を公開した。「Sexy, Free&Single」は、成功した男たちの生活を歌う楽曲で、SUPER JUNIOR特有の中毒性も依然として高いと予想される。

YGもまた人気グループのカムバックが控えている。“ランキングクイーン”2NE1が出撃し、夏のK-POP市場を揺るがす勢いを見せている。昨年発表した曲が全て音楽配信サイトで1位を獲得し、なんと連続5曲1位を獲得した記録を持つ2NE1は、1年ぶりに新曲をリリースする。昨年「I AM THE BEST」などをヒットさせる活躍ぶりを見せた彼女らが、今回の新曲で依然として“BEST”であるのか、期待が高まっている。また2NE1は海外進出に成功し、ガールズグループとしては初めてワールドツアーも行うほど地位を高めてきた。控えめだったガールズグループの時代を終わらせたグループらしく、27日に公開された予告写真でDARAは驚きのヘアスタイルを披露し、注目を集めた。

JYPは、2PMの秘密兵器を披露する。JYP1期公開オーディションのダンス部門で1位を獲得したウヨンがソロデビューの機会をつかみ、これまでグループでは見せられなかった自身だけの魅力をアピールする覚悟だ。特に“抜群のダンサー”としてのウヨンの魅力が全面に出されると見られる。27日に公開された予告写真で、彼は白髪に染めたヘアスタイルと、悲壮な表情で注目を集めた。まるで2PMの他のメンバーが、ウヨンに吸収されるような姿は、2PM初のソロデビューとしての覚悟を示している。

彼らのビックマッチが、音楽業界を再び熱くする見通しだ。BIGBANGとWonder Girlsが、3日にそれぞれ新曲「MONSTER」と「Like this」を同時発売し、激しい1回戦を行ったことに続き、7月初旬に3社全てが新曲をリリースすることで、熱い関心が寄せられると予想される。

Credit : Kstyle

【記事】2NE1、7月にカムバック!ガールズグループ人気競争の行方は?

20120627-063714.jpg

人気グループ2NE1が活動再開を発表し、音楽ランキングの競争がさらに激化すると見られる。

YGエンターテインメント(以下YG)によると、2NE1は7月にニューアルバムをリリースするという。YGの公式ブログにも2NE1の新しいロゴと「2NE1 COMING SOON」という文言が掲載され、彼女らのカムバックが近づいたことを予告した。

またYGは25日にはYGの公式ブログに2NE1のリーダーCLの予告写真を公開して、2NE1の活動再開を本格的に宣言した。公開した予告写真でCLは、普段明るくてパワフルなラップで客席を熱狂させたステージの上とは違い、すらりと伸びた美脚をアピールするなど女性らしい姿を披露した。従来のイメージとは大きく変わった新しい姿で注目を集めている。実際、メンバーのDARAは23日にOSENとのインタビューで、ニューアルバムについて「個人的に今回のステージはセクシーなものになると思う」と変身を予告したこともある。

特に2NE1は当初今月末にアルバムをリリースする予定だったが、アルバムジャケットとミュージックビデオの完成度を高めるために、発売が先延ばしになり、その完成度への期待がさらに高まっている。

このように万全を期しているたけに、同グループのカムバックで早くも業界に緊張感が漂っている。来月1日に配信を開始するSUPER JUNIORとの競り合いはもちろん、現在、積極的にプロモーション活動を行っているWonder Girls、f(x)、AFTERSCHOOLとの“ガールズグループ間の争い”も控えている。

3日に新曲をリリースしたWonder Girlsはパーティの盛り上がりのようなノリノリのリズム曲、「Like this」とポイント振り付け“犬脚ダンス”で人気を集めてきた。f(x)は10日にタイトル曲「Electric Shock」が公開初日から音楽ランキング1位となり、Wonder Girlsの独走に待ったをかけ、両グループは現在も様々な音楽番組で1・2位を争っている。さらに、AFTERSCHOOLは20日に新曲「Flashback」を公開し、Wonder Girlsとf(x)の1位争いに加わって、“三つ巴の争い”を繰り広げている。

その中で“1位キラー”2NE1が加わることで、ガールズグループの対決構図に何らかの変化が生じる見られる。2NE1は迫力あるカリスマ、華麗なパフォーマンス、ユニークな音楽カラーが売りであり、実力派ミュージシャンとして、厚いファン層を確保している。また個性豊かなファッションのため、アイドルの範疇を超えて、一つの文化アイコンとして位置づけられており、どのグループのカムバックよりも影響力は大きいと見られる。特に同グループが今作では既存のイメージとは全く違う魅力を発揮すると見られ、さらに大きな期待が寄せられている。

昨年7月リリースした2ndミニアルバム以降、約1年ぶりに活動を再開する2NE1。数々の曲をヒットさせて音楽ランキングの強者と位置づけられている2NE1が、この夏、韓国の音楽業界にどんな影響を及ぼし、新しいトレンドをリードするか、注目が集まっている。

Credit :Kstyle

【記事】6月のK-POP界は、リリースラッシュ!

20120608-175018.jpg

夏の市場を狙った大型リリースラッシュ……激しい活動再開競争

「今夏活動するのは、100チームを超えるそうです」

夏のK-POP市場を狙った活動再開が本格化し、K-POP界が一層慌ただしくなった。特に、番組出演を確保するためのマネージャーたちの動きには、必死な姿まで覗かれる。

活動再開の際、地上波及びMnetなどの音楽番組でステージを何分“割り当て”られるかは、アーティストのプライドに関わる問題。しかし、活動再開が殺到する時期となり、特別待遇を期待し難い状態になった。通常ならば活動再開で2曲以上を歌う可能性の高い人気アーティストと同じ週に出るのは避けがちだが、今月はそれさえも容易でない状態。今週のWonder Girlsを皮切りに、来週はf(x)が控えている。メンバーカヒの卒業に、第5期新入生カウンの入学で話題となったAFTERSCHOOLは21日に出撃する。

K-POP関係者の視線が集中する2NE1とBEASTは6月の活動再開説が騒がれている中、まだ正確な日程を確定しておらず、“前もって避ける”こともままならない。

まだトップクラスではないが、いつでもジャックポットを当てることができる期待株の活動再開も相次ぐ予定。Dal★Shabetはすでに「Mr.BANG BANG」を発売しており、BOYFRIENDは14日に活動再開を控えている。メンバーたちの知名度が急上昇し勢いを増しているZE:Aも、活動再開の日程を調整している。

あるK-POP関係者は「放送局に行くと、マネージャーたちが普段より多く集まって賑わっているが、皆ある程度のネームバリューを誇るアーティストを抱えており、白熱した競争が予想される。この夏活動するグループは100チーム以上との噂もある」と話した。

“ミドルクラス”のアーティストが勢いを増している中、人気歌手の絶対的な数が増えたことがこのような競争の原因となっている。以前は1位のアーティストとその他に分類されたが、最近はリアルタイム音楽配信チャートの氾濫で、1位のアーティストが多くなってしまっている。人気のインフレにより、配慮しなければならない活動再開も結構増えているのだ。

他の関係者は「活動再開に向けて番組出演の相談をしようと担当プロデューサーに電話をかけると、ため息をつかれる。ステージで歌う曲の長さを少しカットしてほしいという連絡が絶えない。人気歌手が多すぎて、新人クラスは出演の分量を割り当てられるのもままならないようだ」と話した。

Credit :Kstyle